あくび。

今日は、台風並みに暴風ですね。どうも、宮本です。

お外で「あくび」したら、口の中じゃりっじゃりです(´O`)

 

さて、おもいっきり「あくび」ができない顎関節症。

思っているより多くの方がお持ちのようです。

 

なんで多い印象なのかって、お客様に自覚症状はなくても

「お顔」割と歪んでいる方、多いんです(*ノェノ)キャー

かくいう私も顎関節症で、お口を開け閉めする度ゴリっと音がします。

 

整体師になるまでは、度々口が2~3センチ位しか開かなくなったり

顎が痛くて辛かったししていたのですが

 

・頭蓋骨調整

・身体の全体調整

・メディカルヨガ

…そういったものを繰り返しているうちに

大きく口の開閉した時、音がなりますが

痛み・口が開かないなど、『生活の質』が下がるようなことは

なくなりました(`・∀・)ノイェ-イ!

 

あとは、音が鳴らないように、

大口開けた時、下顎が左右にグラグラしないように…って考えてたんですけど

痛くないし、口も開くので、気にしないことにしました( ゚ー゚)( 。_。)

 

なぜ、気にしないことにしたかって

保険外診療をされている歯科医菅先生のお話によると

「それ」でバランスが取れていて、痛みなどがなくなってるんだから

音が鳴らないように調整したら、痛みが出る可能性がある。そうで

私は、その菅先生の仮説を採用したからです。

 

とても繊細にできている身体ですから

ごくごく僅かの歪みをきっかけに全身性の痛みにつながることも(゜ロ゜)

そんなことも、ある。

 

今は、こうしてインターネットなどで手軽に情報が得られるので

整体じねんの採用している仮説や言い分に(メ・ん・)?と思われた方は

面倒でも調べることを、おすすめします(`・ω・´)

 

一つしかない、代わりのきかない

大事なご自身の、大切な方の、身体を本当に労わるために(☆∀☆)