見せかけの効果!?

ほぼ毎日ブログ書いてる宮本です。

このブログをほぼ毎日読んでる人は、いるのか(。・_・?)ハテ?

ま、読んでくれている人がいると仮定して、昨日のブログの続きを書きます。

 

さて、変形性膝蓋骨症。

身長約170センチ体重63㌔75歳の父の場合、

膝関節が赤ちゃんの頭位のサイズになって、

下肢の皮膚表面は、静脈瘤で所々盛り上がり

膝周囲は水か溜まりパンパンに張っていました。

 

そんな症状となる背景とは、一日の大半を過ごす仕事場と性格に原因があったかと…

長年にわたる立ち仕事、長時間冷たい水にさらされるため冷える

なまじ元気で、根性世代。疲れていても働き続け70代と年齢を重ねる…と

70代に入った頃には、痛みで日常生活に支障がおきています。

 

で、数年前まで病院治療など手当たり次第に試しましたが

どれも見た目・痛みに改善はなく、症状が悪化していく状態でした(>_<)

 

で、数年前から整体でトリガーポイント療法一本にしぼり、運動を実行!

施術を開始して、半年たったころには見た目に変化あり!

現在、膝関節は小さくなり水も引いたけど、

痛みは残りました…。

 

!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

 

一見、見た目が元に戻ったら、治った!って外野は思いますけど

本人の痛みは残っているっていうことは、治っているとは言えません。

 

これ、レントゲンなど画像診断による

構造の変化:例えば、脊柱管狭窄症・ヘルニア・すべり症などと

痛みとが因果関係にないことを意味していると考えられます。

 

ヘルニアの手術や人工関節の手術をしても

痛みが取れないという方は、構造の変化以外に問題があった!

と考えられるのですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

じゃ、一体痛みはどうして起こったの?については、

次回のブログで(^o^)/