元にもどる

「あ痛!☆⌒(>。≪)」乾びたご飯粒を踏んづけて、軽く凹んだ宮本です。

凹んだんは、ご飯粒の方じゃ~ヾ(`Д´*)ノとか言わないでください(。・o・。)ノ

ま、お行儀が悪いんか?ちょいちょい踏んづけて(((-'д-)y-~ イライラします。

 

さて、炊きたてご飯は柔らかいけど、冷えて…乾びて…となると固くなります。

固くなる原因。冷えと乾燥だといえますが

コレ、身体にも共通することではないか?と整体じねんは考えます。

 

冷え。言わずもがなですが、血流などの流れが悪くなります。

 

と、血流悪くて何が悪いんか?ってことですが…

人は生きている以上、成長・老化します。

 

その時、細胞は破壊と再生を繰り返しています。

これが、いわゆる新陳代謝。

 

血流に乗って運ばれる「栄養・酸素」を含んだ((新)鮮)血液と

各器官で役割を経て老廃物を含んだ(旧)血液との

交換(新陳代謝)が滞っている状態。コレが、悪い!と。

この悪さは、冷えを生み冷えを呼ぶ。と。

 

その冷えた状態は、停滞状態といえる訳で

細胞・器官は、栄養・酸素不足となり、いわば枯れた状態に…。

と、ざっくりこんな仕組み、考え方です。

 

じゃあ、冷えを改善できさえすれば、他も改善できそう!だと( ゚ー゚)( 。_。)

その改善法は、乾びたご飯を戻す仕組みと同じで

「水分」と「熱」ではないか?と整体じねんは考えます(☆∀☆)

 

最近美意識高い系の間で人気の「白湯」

太古の昔より大人気「温泉」

日本語にある「手当て」…などが「水分+熱」による改善法。

 

整体じねんで提供させていただけるのは、「白湯」「手当て」。

施術に機械は使用していません。

 

と、手の水分…文字に起こすと何となく(/ω\*)イヤですねσ)>ω<*)テヘ

だからって訳ではありませんが

整体じねんでは、ソフトな綿でできた手袋を使用しています。

 

・手が触れた瞬間ヒヤッとするのを防止

・爪が当たるのを防止

という理由です。

 

でも、それじゃあ感覚鈍くなるじゃないの?のお声にお答えします!

ご安心ください(☆∀☆)

手袋をつけた状態で感覚の鍛錬しています!

 

他の施術するところでは、タオル越しに…というところもあるかと。

薄くズレない分手袋は有能だと、整体じねんは考えています。