もたれる!?イヤもたれない!

どうでもいい話ですが、揚げ物が続いている宮本です。

齢四十。余程パサついているのか、今のところ油顔?にはなってません( 'ω'

 

さて、節約と健康人体実験!?を兼ねて自炊しているのですが

今年に入って油の「質と量」を見直し、食事に国産椿油を使用しています。

 

この椿油。1升が約1万円と、かなり高価です(*ノェノ)キャー

 

節約といいながら、贅沢な話ですよね…。

 

なんで、椿油にしたか?なんですが

整体じねんのタイ式マッサージに使用するオイルは

添加物不使用の天然・国産にこだわろう!と決めたからです(☆∀☆)

 

滑りの良いマッサージオイルやクリームの成分表示は

よく分からないカタカナばかり…。

 

そこで、思いついたのが椿油。

古くから日本人に馴染みの油で、

整髪や肌につけると日焼け止めの効果があったり

食用にもなることから、採用することにしました。

 

食べても塗っても、安心安全であるかどうか?を

しっかり見極めようと自分自身の身体で試している訳です。

 

で、塗ったり食べたりを続けてみて感じたことは

油に持っているイメージとは、違う油だということです。

 

ギトギト・ヌルヌル→サラサラ

重い→軽い

はじく→なじむ

 

といった感じ。身体にかかる負担が少なそうです。

 

あと、日焼け止めの効果があると言われている通り

酸化しにくい印象があります。

 

揚げ物に使用する際感じたのが、熱伝導の早さ!

これ、タイ式マッサージの際ひんやりしにくいと考えます。

 

整体じねんで、重くなった身体をカラッと軽く!

って、揚げ物食べ過ぎて「しつっこさ」増してます???