以前の自分にも問うてみる

健康になるなら死んでもいい!?( ・g・)うそーん宮本です。

健康体に一生懸命…命かけるってことは、命より大事なものってこと?Σ(゚д゚lll)

 

さて、「施術家あるある」で、施術者は身体がボロボロ☆ヽ(o_ _)oバタッ

ってことが多いです。

 

施術家になった理由が、自分が体調悪かったから…。なんてアルアルです。

 

私は、「家族に体調不良者がいた。」をキッカケに整体の世界に入門しましたが

入ってみれば、「自分自身の健康体のため」だと今では感じています。

 

と、

施術家を選ぶとき、私なら「心身ともに元気な施術家」を探します。

施術家アルアルに反しますけどσ)>ω<*)テヘ

 

そこで整体じねんは身体が快調で、気持ちが楽になるよう生活を心がけています。

 

食事・姿勢・動作・衣服など

実践していくうちにいろいろ、こじらすくらい理屈が増えてきました(○゚д゚)ャバィカモ・・・

 

整体じねんが、今現在「自分に合っている」と思う方法なので

万人向けではないかもしれませんが

概ねに方には、合うんじゃないかな?と考えています。

 

その方法は、明治時代ころの生活スタイルを取り入れるということです(´∀`*)

 

まず、着物に下駄。着物が着崩れないような所作は

腰痛・肩コリなどを防止する働きがあるようです。

 

着物をざっくりいうと、身体に布を紐でくくりつけたもの。

 

紐を巻く位置、骨格を理解し上手に利用した位置にありますし

正座・しゃがむの姿勢から立ち上がるとき

すそが開かないようにするには、無理のない重心移動が必要です。

 

身体に負担がかかりにくいので

整体じねん、プレオープン当時は着物にモンペ袴に割烹着で整体していましたが

今では、ユニクロです。ご不浄のときは、洋服が楽ですから(*≧m≦*)

 

そこで、履物だけは下駄にこだわっています!

腰痛を引き起こしにくい歩幅や歩き方が、下駄だと自然に習慣化されます。

 

食事も、ひいおばあちゃん世代の方が食べていたような和食が中心。

ほとんどメイン料理はなく、副菜に汁物とご飯みたいな食事です。

 

胃腸の調子が良くなったのか、ぐっすり眠れます( ´-` ).。oO

 

まあ、「勝手にしてちょ~だいヨ(゚Д゚)ノ」って話なんですがd(*´Д`*)ゞソゥソゥ♪

 

いろいろ一定の期間試してみて、実感するのは

伝統的な食事や身体の使い方をすれば、丈夫になるq(・ェ・q)ルン♪

ということです。

 

整体じねんの理念の一つ「温故知新」を大切にしています。