まずは自分!

パラリンピックが始まりましたねー(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ

また生活リズムを崩してまでも、見るのか!?宮本です。

漫画「リアル」を読んでから、バスケ楽しみにしています。

 

さて、私には車椅子生活の経験がある家族がいて

ほんの数ヶ月ですが、介護?介助?生活を私は以前経験しました。

 

誤解を恐れず言うのなら、もーあんな生活やだ~(´Д`;)です。

なんせ、自分の生活を犠牲にしてるって感じていましたからε=(・д・`*)ハァ…

 

当時なぜか私は疲れていたので、自分の気持ちとして…

「自分こそ癒して欲しいってぇーのに

自分より明らかに大変な思いをしている家族を前にして

自分は、後回しにするほか仕様がないじゃん( ˘・з・)」でした。

 

その当時、例え誰かに

「しんどいなら、無理することないよ(^-^)」と言われたとしても

「じゃー誰が私の代わりをしてくれんのさっヽ(`Д´)ノプンプン」と考え

自分の意志ながら、自分が疲れるように仕向けた感が…( *´艸`)

と、

どんなに心身が疲れていても、容赦なく…非常に…

責任やら、役割やらで、苦しい状況になることもあるんじゃないか…

と、整体じねんは考えます。

 

心理学ではソマティック・セラピーなるものがあって

心が癒されると身体が軽くなったり

その反対に、身体が軽くなったら心が癒されるといわれています。

 

疲れきっていると、眠りが浅くなったり

寝つきにくかったりと、睡眠障害がおこりやすいので

どーせ、なかなかぐっすり眠れないなら

整体じねんで、施術を受けてみませんかヽ(*´∀`)ノ

 

自分を大事にしてみたら、以前の私のように

こんな生活やだ~~~~≡≡≡≡≡ヘ(; >д<)ノ ニゲロ~!!と

ならずに済むかもしれません(*´∀`*)