風にふかれて

今日、今年初めて黄砂が観測されたそうですね~。

数日前から、うちのベランダの隅っこに

なんと黄砂溜まってます。黄砂先取り!宮本です。

 

当たり前の話ですが

観測ってのは、観測地点ではってことなんですねぇ(>_<)

 

さて、ヘルニアとか脊柱管狭窄症と診断された方が

ちょくちょく「痛み」で来店されるのですが

不思議なことに24時間痛みっぱなしって方は、ほぼゼロです。

 

ん???

 

なんで24時間ずっと痛みがないと不思議なのか?

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症の診断って

レントゲンなどの画像診断で

「ここ!ここが飛び出て(狭くなって)

この、神経に触ってる!(神経挟んでる)

だ・か・ら痛いんです!!!」

と、概ね説明されてるかと想像します。

 

そこで、考えてみてください(゜-゜)

神経触ってる状態=痛みの原因なら

24時間痛くないと、おかしくないですか?

まして、神経つぶしてるってな状態なら

しびれる。よりも麻痺する。と。

 

時間によって、ヘルニア部分がへっこんだり

狭窄部分が広がったりって、考えにくい…。

そう、整体自然は考えます。

 

手術して画像診断上、ヘルニアや狭窄が

「完治」していても

「痛み」や「不快症状がある」こともあります。

 

手術は、「健康な」組織も傷つける

人口的な「けが」とも言えると

何かの本に書かれてありましたが

整体自然も、そりゃそうだ。と思います。

 

手術など、良くも悪くも元の状態に戻らない…

の、前に「ヒモトレ」とか「施術」を

まずは、ゆる~く

お試ししてみませんか~(*^_^*)