グゥググゥググ無礼コォっ~

遠慮の加減が分からない…宮本です。

分からないので、遠慮なしってこともあるし

なんと、時々たずねてみたりもします。

 

さて、礼儀作法について学びたいと思い

習い事や、一般常識セミナーなどに

20代のはじめ頃、積極的に参加していました。

 

自分も周囲の人も互いに気分よく

上機嫌の居場所作りに

礼儀作法が関係している。と、考えたからです。

 

何が分からないか?も、分からないから

セミナーに参加し、学ぶ気満々の中

「こんなことも知らないで…」なんて、

講師や経験者に言われて、「・・・・。」

しょんぼりした事もあります。

 

これ、色々「誤解」が複雑になった状態かも?

と、今は理解しています。

 

そこで、何で「誤解」がおこるのか?なんですけど

痛みや不調の司令塔?でもある脳!

この脳は「勘違いしやすい性質」を持っていることから

脳がある以上、

「誤解」は、起こるべくして起こるんじゃないか?と。

 

例えば、錯視(目の錯覚)や

実際にはないレモンや梅干しを連想しただけで

「なんか酸っぱいッ」と、唾がでてきたり…。

と、ちょくちょく勘違いしよる脳です。

 

脳の性質を踏まえた上で…

 

こういうもの。と「常識」という、思い込みの前提の上に

生活は成り立っている。

へ???

マジックの不思議は、常識外の現象にビックリ!と

思い込み「常識」ありき。ということです。

 

思い込みの機能があることで

日常が普通!?に円滑に、円満にしてくれる…

一方で、その「反面」も同時に存在している…。

 

と、まぁココまで書いてみて何が言いたいんか

自分でも分からんなってきてるんですけど、

一応、礼儀作法やら一般常識やら学んでみたもんの

人間関係円満マニュアルは、未だ取得に至ってません。

 

というわけで!?だいたい「相性」かな~と。

整体じねんに、遠慮はいりませんので

まずは、ご予約の電話されてみて

雰囲気を感じられてみては、いかがでしょう?