本(知識)→体験→実感

「腕っていったって、腕なんて無いでしょ?概念でしょ?」

へ???宮本です。

 

そんなこと言われて

今年3月末までは、「はぁ…。はぃ…。」でした。

が!

4月始まってから、「腕なんて無い!」と実感しています。

えぇっ!!!

エイプリールフールに何か悪いもん食べた訳じゃないです…。

 

武術の技!?をかけてもらって、腕とは概念だと実感しました。

ん?

自分の意識としては、自分が有利な状態で

相手の攻撃を振り払っていたはずなのに

気が付けば、転がされてる!!!と。

 

その時、実際目に見えて掴まれたのは手首。

それが、転がされた本人が一瞬のうちに感じている

影響うけた「力」は、手首だけに非ず!

なんと、手首から膝あたりまでと広範囲!

身体が1つに繋がっていることを、強く実感しました。

 

この体験を伝えるときに

「手」を引っ張られた!と表現したら

聞き手が連想する「手」は、せいぜい肩から先の手かと。

 

身体は一つ。って誰もが知っていること。

だけど、

実際に「知る」とは、とても簡単なことじゃない!

 

って、このブログ自体が意味不明かな…

こんなことを書く「元」になった本について

ご興味のある方は、紹介します。

 

と、結局何が言いたいんかって

気軽に、お問い合わせください!

そして

整体じねんで、実際に施術を受けてみませんか?