もうロクでもない

初老って40歳からのことらしい…初老になって約2年。宮本です。

いつごろ、食べ盛り期は去るんでしょうか…。

 

さて、つらい痛みがあって

病院なり、整体店なりに出向いたのに

いざ、先生や施術者と対面してみたら

どこが痛かったんか分からんなった…。

という経験は、ありませんか?

 

ま、時間経って痛みが落ち着いてきたんかな…と

自宅に帰ってみたら

全っ然、まだ痛みあるんですけどぉぉぉぉぉ!!!

さっきまで痛なかったのに、なんなんやぁぁぁ!!!と。

 

これ「気のせい」って、考えられますが

一体、何が気のせいなんか?

実際、痛い訳やし!…と。

 

痛みを感じているのは、脳。

脳には、常に膨大な量の情報が入ってきているので

混乱して誤作動を起こすことも、しばしば。

 

身体から警告としてのみ、「痛み」を感じるには

常に入ってくる情報量を減らせばイイ!

どうやって?

その一つが、身に着けているものから

ゴムのように伸縮性のあるものを取ってみる!

 

伸縮性のある素材が、皮膚に触れている状況は

常に脳へ騒音を送っている状態!→レイリー現象。

 

絶えず騒音があるのを避けるため、

騒音に鈍感になる。そうしたことで

他の大事な器官も、つられて鈍くなる。

→ゴム紐症候群。

 

そんなこと、どうでもエエからと思われた方!

ウザいと感じたブログは、梅雨のせい!気のせい!

 

さらっと、サクッと

ご予約、お待ちしております~。