変われば、変わる。

いわるゆる運動神経がなくて、

10歳位まで、両膝小僧ともズルむけだった宮本です。

それが40歳を超えて、一本歯下駄で歩きだすって

身体って不思議です。

 

さて、私が子供のころ捻挫をすると

おばあちゃんから

「歳いったら(年齢を重ねたら)、

(痛み)でてくるんやけん、しっかり治しよ!」

と、よく言われたものでした。

 

さすが!おばあちゃんの知恵袋。

お告げ…今、そのお言葉をヒシヒシと身体で感じています。

 

と、つい最近まで私は

身体が健康になるってことは、

円グラフになぞって

不調や痛みが減る、無くなるって考えていました。

 

が!実際は

健康と不調は、表裏一体で

健康への感度があがれば、不調の感度もあがる!

紙の表が健康なら、

同じサイズで裏の不調も存在すると、実感しています。

 

えぇ!そんなの不調が増えるなんて御免だわ!

と、お考えの方!

心配に及ばずです!!!

 

健康が少ない状況だと

「不調や痛み」が「苦しみ」と結びつき

不快な「感情」になることが辛い…

 

だけど、健康が増してきますと

ただの「痛み」、ただの「不調」と感じるだけ。

不快な感情は、健康に反比例して減っていき

快い感情が平常になって、何とも思わなくなる!

 

そこで

整体じねんでは、「快い」施術をこころがけ

効きそうな「痛い」施術は控えています。

 

不調や痛みが続き

快い健康体から遠ざかっていても大丈夫!

身体は、記憶力抜群!です。

痛みを覚えていると同時に

健康も覚えている!と、整体じねんは考えます。

 

ピンッときた方は、ご予約くださいませ。